にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

お出かけ

雪原スノーシューハイク【たんばら高原】

2021年2月28日

冬もそろそろ終盤!弾丸日帰りスノーシューハイクを決行!

新潟県から関越道でひとっとび!

群馬県の沼田市の北西部付近。

我が家のリピート率ナンバー1の【たんばら高原】へ!

スタート地点は たんばらスキーパーク

道の駅に寄り道したせいお昼頃に到着※内容は記事の最後で!

いつもより開始時間が遅くなってしまった。

駐車場の門限は17時。それまでに帰還せねばっ。

雪質やワンコ達のやる気、体調などをチェックしつつ

広場で雪遊び or ガンガンスノーシューの2択で挑みます!(決まってないのかい!)

 

いきなり体調不良?!

 

「雪だぁぁああ!!!」

 

全身で雪を味わいたいだけだった。

いわずとも…(笑)

役者っぷりを発揮するでんすけ君。

 

そう。元気が良いのは最初だけ☆

毎回似たようなのばっかりだけど、

一つとして同じ顔がないのが救いか?!

…まぁ見てやってください。

 

「だーっはっは!かてぇ雪質だな!」

 

まだここはスキー場の駐車場を除雪した汚ったねぇカチコチ斜面ですがな。

はしゃぐのはもうちょっと後でも良くね?

 

相棒の実家犬、なびちゃんも連れて来ました。

家庭の金銭的事情で防寒仕様のスノードッグガードを買ってもらえず、

ダブルフルドッグガード防風レインコートを重ね着。

天気も良く気温はいつもより高め。何とか寒さにも耐えられるはず!

 

埋もれるほど雪深くもなく歩きやすいね。

 

酷使し続けているアルファアイコンのフルドッグガード。

さすがに毛羽だって撥水性能落ちてきたかも…。

 

道路の一部が除雪済み。

段差を乗り越えて行かなければ!

 

「よっこら…」

 

「せっ!」

 

ベテラン勢の動きは違いますな。

もっと詳しく

ちなみに【よっこらせ】が方言なのかとGoogle検索してみたんです。

最初にヒットした情報…

いやマジ日本終わってるでしょ!(2021年3月現在)

 

身軽ななびちゃんも段差越えに挑戦するも失敗。

 

2回目のチャレンジで上がれたのに再び飛び降りる。

勝手に下のルートを歩き始めました。

 

まぁいっか。このまま広場手前まで行ってみよう。

 

気になって下を覗き込むでんすけ君

 

「上がってこいや」ペロッ

 

「下の方が歩きやすいもん」ペロッ

 

舌ペロで語り合う奴ら?!

 

お遊び広場に到着~。

遅い時間もあってか足跡がいっぱい!何気に人気のコースなんですね。

もう既にテントが張ってあったり、奥にも敷物広げてお昼休憩している団体が~。

ここじゃ他の人に迷惑かかるし自由に遊べなさそう。

過去に1度行ったたんばら湿原を目指してみよう。

 

目指せ玉原湿原

 

人が見える範囲ではリードを着用。

めっちゃ離れていれば大丈夫そうだけど一応ね。

 

 

屋根から落ちた雪で自然にできたカマクラ。

やらされるのが嫌いななびちゃん

表情に出るね。素直でよろしい!

 

 

広場の先にある施設の駐車場も除雪されてるー!

雪のない所をスノーシューで歩くと痛むから迂回せねば。

 

 

種類はわからないけど、ずっと鳥のさえずりが聞こえております。

上を見ても鳥らしき姿もみえない。いったいどこに潜んでいるんだろう。

 

 

車で山を上ってくる時は道路や斜面に雪が少ないようにみえたのに、

やっぱり山の中に入ると積雪量が違うねぇ。

 

 

斜面一帯が凍り付いている場所に辿り着きました。

 

こちらはチェックポイントブナのわきみずが汲める場所。

ただし積雪時は深いところにあり、水を汲むには至難の業です。

中の方は最後の動画でチェックしてね!

2人並んで歩く機会ないから貴重かもしれん!

 

 

十二山宮の鳥居前にて。

どうですか?そこそこ埋まってるでしょ。

 

 

ここまでくると元気いっぱいな姿は見られない?!

黙々と歩く姿はいぶし銀

 

 

鳥居からもう少し行くと、

 

 

玉原湿原があります。

案内図には【ブナ平】へ向かう道があったり、

え~っと、その前にピンクの物体が邪魔。

 

 

湿原の方にも団体さんがいらっしゃいました☆

遊びはあきらめてブナ平を目指して雪山を上りましょうか!

積雪のせいで遊歩道も案内看板も埋もれちゃって参考にならんのよね。

マップアプリのGPSを参考に向かいましょう。

マップアプリはYAMAPの無料会員登録しております

 

湿原に大きなクレーターが!!

地味に深いんですけど。

遊ぶ場合は穴の側から十分離れてね☆

 

一行はブナ平へ!

ブナ平方面に向かって行く足跡もある!

ワンコ達が歩きやすいように

わざと踏み固めるように道を作りながら進もう。

 

 

なんだかんだで一番歩くコースになってしまった。

ここからの上りがちょっと長いのよね。

足跡もなくなっちゃったし。

いやまてよ…そこは雪山上りの醍醐味か!?

 

 

でんすけ君の体力は十分そうだ。

なびちゃんは寒くて震えだし途中で抱っこ。

2度目の挑戦ともなると心にゆとりが生まれますね

そして無事到着。だけどブナ平手前あたり。

 

 

腹ごしらえと休憩してからドローンで空撮。

実際その場にいると視界はあまり開けてなくイマイチ?

 

 

目指すブナ平はもうちょっと先らへん。

 

今いる位置は山の頂上付近で風当りが強く、

雪庇があったり、足場の雪が波のようにうねっております。

なびちゃん抱っこ中につきカメラ使えず…。

ストックに固定したGoProで動画は撮ってあります。

最後の動画でチェックしてね!

 

ブナ平に到着!

…普通に雪化粧もないブナ林だね。

 

スタートが遅かったせいでもう日が暮れ始めてる。

時間が気になって急ぎ足~。

 

とかいいつつ、先ほど先客がいて寄れなかった湿原へ向かいます。

 

湿原到着~!こんな時間だ。誰もいねぇ!

 

先ほどの団体さんが残した雪ダルマと記念写真。

 

…ん?

 

妙にリアリティのある鼻?!

ナニとは言いませんが。

 

なび「……。」 でんすけ「マジうける~!」

 

男女別温度差は犬にも通ずるものがあるようです。

 

起きるのがめんどくさいと、ドローン撮影中も転がりっぱのママ。(笑)

 

悠長なことしてられん!日が沈まないうちに帰らなきゃ!

 

この日唯一、この瞬間だけのヒップソリ。

 

ママが起きようとするのを妨害中。

短い距離だと起き上がったりするに無駄に体力を消耗。

 

夕日をバックに歩く団体。

 

でんすけ君ボケボケ越しの夕日。

スタート地点の駐車場に戻ってきたら、もう既に車がガラガラ

門限ギリギリ!ダッシュで帰り支度を済ませる!

 

歩いた距離と軌跡

 

トータル距離は短い(約6km)休憩を含んで5時間のスノーシューハイク。

標高はブナ平周辺の高いとこで1300m。

少し雪深いところを歩くとワンコらのペースがガクっと落ちちゃいます。

後半は急いでいたのでなびちゃんを抱っこしたり、急かしながらの移動。

 

コレがおすすめ

休憩時に使う敷物がアウトドア用の使い勝手の良いモノで、

クッションやブランケットとして羽織ったり、

でんすけ君は無理でもなびちゃんくらいならスリングとしても使える。

かさばるけどパッキングすれば小さくなるしオススメです。

参考 ⇒ YouTube紹介動画

たんばらスノーシューまとめYouTube動画

ご視聴ありがとう御座います!!

 

でんすけ君の脚の調子は すこぶる良好。

歩く時のコキコキ音もならないし、引きずる仕草もみられない。

ダイエットの効果【23kg⇒21kg台に減量】と

継続して飲み続けている関節サプリ(アンチノール)のお陰かも。

無理は禁物だけどね。(十分無理してる?!)

 

道の駅『川場田園プラザ』

スノーシュー前に寄り道した『川場田園プラザ

道の駅ランキングでも上位に食い込む人気の高さ。

9時にオープンだと思い込んでいたパン屋さん…。

実は10時オープン!冬季は1時間営業時間が遅かったみたい。

どうしてもGETしたいパンがあって開店前に到着したのに早すぎた…。

お散歩しながら1時間待つ事に。

オニギリ屋さんは早くに営業してて、

雪ほたか米のオニギリを食べて腹ごしらえ。※ワンコの目線が熱い

 

 

水車が凍ってるよ!

得体のしれない動く大きなものを嫌うでんすけ君。

これ以上は近づこうとしないのであった。

 

 

ご当地犬のひとつ、川上犬だ。

お名前がでんだって!

同じでんでもうちのでんと偉い凛々しいわ~。

ちなみに川上犬は信州出身。後で知りましたが群馬関係ねぇじゃん。

長野県の天然記念物に指定されてるんだって。へ~。

ちなみに奥に見える水のみボトル…

完全に凍ってて飲めないじゃん!大丈夫?

 

1時間待ってふわとろ食パンとその他購入。

2年前に訪れたときは大行列であきらめたからね。(TVで紹介された影響もあり)

整理券もらわないと手に入らなかったふわとろ食パンが普通に買えた。

 

スノーシューしないでお店巡りして帰ろうかなんて案も飛び出すくらい

とっても魅力的な道の駅でした。(笑)

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう☆

   

-お出かけ, ,

© 2021 エキサイティング☆ブルドッグ