にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

雑記

真夜中のお魚突き

2021年6月

唐突にお魚突きの突果報告~!パチパチ

完全に夜専と化してしまいましてね。

日中は家族サービスで自分の時間は持てません!

仕事の日だろうと突いた魚を下処理し、朝なんてざらなのです。

コロナ過で思い付きで始めたお魚突きも2年目に突入。

探索範囲も広がり様々な魚種が突けるようになりました。

 

YouTube動画に活動内容をUPしたの観てね♡

 

突いたお魚を美味しく食べる

寝込みを襲う卑怯なやり方で見つけたら高確率で突けます!

クロダイ(チヌ)は動きが鈍く接近しやすい。

夜に活動的なカサゴメバルなんかも日中よりも捕獲率高いはず。

煮魚に最高な食材ですね。

 

稀にマゴイブリ(亡骸)に出会えます。(体験談)

※マゴイじゃなくてメダナというお魚でした

 

我が家では特にスズキ(シーバス)が重宝されております。

お刺身よりも洋風に調理した方が人気がある感じ。

 

 

1匹からとれる身の量も多いしね。

お腹の身は贅沢にお刺身でワンコ用。(笑)

 

 

ちょっと日がたってしまった場合はグリルで焼いてワンコ用。

とにかくワンコ用。(上の画像はクロダイ)

コロナ過で馬肉が高くなって、手に入りにくくなってしまい、

代わりにお魚やアラ煮をトッピングしております。

 

クロダイ(チヌ)のカルパッチョ風

 

クロダイのカルパッチョ風。

ママはお刺身が苦手で一切手を付けないという。

脂の乗ったサーモンは大好きなんですが…。

突いてくる魚種にはないのよね。

 

マゴチとホウボウの漬けチラシ丼

 

マゴチホウボウのお刺身漬けチラシ丼を作ってくれたんですが、(お魚は捌けない)

ママはスーパーで買ってきたサーモンだけしか食べない。(笑)

コリコリ食感が苦手で味気ない淡泊な白身はいただけないらしい。

その辺のスーパーじゃ売ってない高級魚なのにもったいない!!

 

夜のマゴチ

 

マゴチって何ぞやという人の為に実録映像。

砂地でスタンバってるお魚です。

 

 

夜のホウボウ

 

こちらはホウボウ。ヒレが鮮やか。

冒頭の動画に登場しますが、お魚なのに鳴くんですよ。

名前の由来はボゥボゥと鳴くからホウボウだとか?

どちらも見た目がお魚らしくない。(笑)

 

 

スズキのムニエル、タルタルソース掛け

 

スズキのムニエルは抜群に美味いです!

これはママにも大好評。

料亭のメインディッシュに出しても文句言われないでしょう。

 

夜のスズキ(シーバス)

 

いつもお世話になっているスズキさん。

美味しい食材とはいえ、お魚の命を奪っていますからね。

海の恵みに感謝してありがたく頂いております。

 

今年5月半ばからの週一突果

魚突き(突果)日本海

魚突き(突果2)日本海

 

潜りポイントを変更しながらも安定した突果を得るようになりました。

視界ゼロの激濁りの中でも波の影響が少ない岩場や磯付近なら

辛うじて1メートルくらいの視界を確保できる事がわかったのが大きいです。

ごく最近、初魚種のキジハタ38cmが突けました。

 

魚突きで大漁だった件

2020年8月30日 今回は趣味のお話をメインに語ろうかと思います。 お魚キモーイ!という人は…そっと閉じましょう(笑) 夜の魚突き 年甲斐もなく週1ペースで夜な夜な海へ。 家から一番近いであろう潜り ...

続きを見る

初めて大漁に突けたときの記事です。

あの当時から比べると新たなポイントも発掘し、探索範囲が広がりました。

 

実をいうと小食な家族だけでは 突いたお魚全てを食べきれない。

下処理したお魚をお友達や親戚などにおすそ分けしています。

捌きまくって、三枚おろしの腕も自然と上達。

※まだ動画にUPするほど手際よくない(笑)

 

 

お魚の代わりに手作りケーキを頂いたり、

お菓子やお野菜などなど、めっちゃありがたい。

こちらはタダ食材なのに逆に申し訳ないくらいだ。

 

安全対策として

この記事を読んで真似しようと思う人…いないよね?

独学で始めたもんでバディもなく一人ぼっち。

真っ暗夜の海にライトと手銛を持ってズカズカ入るんですよ。

ヒレや尾にを持った魚や(確認済み)

明かりに向かって突進する危険なダツもいるし、

サメだっているかもしれない。(一応目撃情報のない海域)

そもそも密漁と疑われたり、北からの不審船だって怪しいもんです。(日本海)

安全対策でシグナル用のライトやロープが絡まったとき用のナイフ。

暗いと方向感覚も分かり難いので場所によっては

ロープライトの目印を設置しております。

 

危険がつきまとう遊びという事を理解して

慎重に楽しく夜の魚突きを満喫しましょう!

脅かしておいてそりゃないって?(笑)

 

注意ポイント

漁業調整規則により遊漁者による手銛の使用が禁止されてている都道府県があります。

手銛の使用が認められていても夜間は禁止だったり、夜間使用不可の期間が設けられていたり。

手銛がOKでも灯火の利用が禁止されている県もあります。

水産庁のHPに大雑把なルールが記述してあります。

各都道府県の漁業調整規制(PDF)で詳細を確認できます。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう☆

   

-雑記

© 2021 エキサイティング☆ブルドッグ